2012年サンバンサンIN・マルセイユIN他

●サンバンサン国際レース

G.クールザート(べ)総合優勝DSC_7582 HITO2570.jpg

  

 今年度のサンバンサン国際レースは、リモージュと同日の7月16日月曜日午前7時の放鳩を持って実施された。参加羽数は、以下の通りである。ベルギー5,431羽、フランス2,763羽、オランダ3,163羽、ドイツ1,382羽、ルクセンブルグ55羽、イギリス291羽で合計13,085羽
 総合優勝を飾ったのは、ベルギー西フランドル州でも海に近いフリッセゲムに住むギルバート・クールザート鳩舎で、距離909.167Kを放鳩当日の17時37分に記録、分速は1427.26メートルであった。

Coolsaet0001HATO25.jpg
            2012年サンバンサンIN総合優勝鳩

 

DSC_7592.JPGDSC_7593.JPG

DSC_7578.JPG

 


仮発表の主な順位は、以下の通り。
■成鳩13,085羽 7時放鳩
順  入 賞 者 名        分速
1)G.クールザート       ベル 1427.26
2)ウィルフリード・ファンデマール ベル 1411
3)マルティン・デポールター    オラ 1409
4)クリス・ヘバーレヒツ      ベル
5)6)T.ダールマンス       オラ
7)ヨス・ペピング         オラ
8)ウィルソン・デケンス      ベル
9)F.エヴァールト        ベル
10)ジャン=マリー・クレピン   フラ

※その他上位入賞の有名鳩舎 
11)デフェルス=デトレフ(ドイ) 13)J.ファンデグラーフ(オ)、16)マルク・ポラン 20)G.コウタース(オラ)、36)ウヴェ・ヘルメス 

 


●マルセイユ国際レース

O.&C.モリソー(仏)総合優勝
上位は各国に分散


 日延べの結果、マルセイユ国際レースは去る7月22日日曜日午前6時40分の放鳩となった。参加羽数は、以下の通りである。ベルギー3,306羽、ルクセンブルグ134羽、イギリス78羽、フランス2,198羽、オランダ3,680羽、ドイツ1,913羽の合計11,314羽。

 レースは、高温低分速の展開となった。総合優勝を飾ったのは、恐らく国際レース史上でも例のない地区フランスの西、ビスケー湾に面する田舎町オロンヌ=シュル=メール(パリから南西400K、放鳩地マルセイユからは北西約600K)に住むポール&セシル・モリソー夫妻であった。これは大変な記録である。何故なら参加羽数の9割以上が、北ないし北東に飛ぶ中で、帰還コースが90度近く異なる地域での総合優勝だからである。ちなみに総合2位はオランダ、3位はベルギーという結果となった。このような低分速、全地域が上位という結果は、正しくほぼ無風の高温天候の結果をよく表わしている。

 

 

 仮発表の主な順位は、以下の通り
■成鳩11,314羽
1)34)P.&C.モリソー       フラ 1021.289
2)P.ファンシントマールテンスダィク オラ  996.591
3)ウィルフリード・ファンフォスゾーレ ベル  989.240
4)ドミニク・シャヴァンター
5)ケヴィン・デーヘン
6)ジョスリン・デルバーレ
7)ジェラール・デポン
8)ベッセリング
9)デケイザー
10)エマニュエル・ミヒールス

※その他上位入賞の有名鳩舎 
19)ゲルマイン&N.インブレヒツ 30)フランソワ・コラール 37)J.&M.バイエル(ドイツ)、41)49)イヴォン・デノイフブール 

 


●スーヤックN(ベルギー)レース

A.&R.デザール総合優勝
DSC_7616HITO2570.jpg
 

 アンタンテ・ベルジ主催によるスーヤックNレースは、マルセイユと同じ7月22日日曜日午前7時の放鳩で実施された。参加羽数は7,597羽である。
 総合優勝を飾ったのは、東フランドル州ロイセレーデに住むアントワン&ルディ・デザール鳩舎(レース参加は西フランドル)の2才の雄アントニオ B10-3020860 BCで、分速は1203メートルであった。

Desaersouillac0001HATO25.jpg
       2012年スーヤックN総合優勝鳩“アントニオ”
        血統deaserpedri.pdf


 DSC_7606.JPG DSC_7609.JPG
 DSC_7602.JPG
 
"アントニオ"
B10-3020860 BC ♂ ルディ・デザール作翔 スーヤックN7,756羽中総合優勝 カオールN8,348羽中総合142位、リモージュN13,781羽中総合204位他

ゾーン・グローテン B02-3185762
06年P長距離成鳩エース鳩第2位
シャトロー4,308羽中総合35位
ブリーブN9,466羽中総合34位他

グローテン B98-3240120

レベッカ B98-3240153  純ガビー・ファンデンアベール系 ゲシェルプテ・リモージュ×ヴィッテンブイクスケ

ヘット・グージェ B05-3177035
スーパー種鳩 直仔/ツール、ブレ
ーケン、キング、ニュー・ツール他

ゾーン・クライネン B93-3050291
最高種鳩 G.ファンデンアベール作 
クライネン直仔

ダナ1 B97-3062343 スーパー種鳩 
純ガビー・ファンデンアベール系

 



仮発表の主な順位は、以下の通り。
■参加7,756羽 7時放鳩
順  入 賞 者 名             分速
1)15)52)99)A.&R.デザール 1203
2)6)ノルベール・アリー       1195
3)エティエンヌ・フェルストリンゲ  1190
4)ウィリー・デヴィッテ
5)19)F.&N.ノルマン
7)13)17)39)95)96)マルク・ポラン
8)ウィルソン・デケンス
9)12)アントワン・ファンランドゥィト
10)シャルル・ボッシュ

※その他上位入賞の有名鳩舎 
21)50)63)79)86)クリス・ヘバーレヒツ 44)60)G.ファンデンアベール 56)F.&J.ファンデンヘーデ 62)ギド・セイス 66)71)ルク・クリスチャーンス 72)ジョルジュ・ボレ 85)ルフェーブル=ダーネンス 

 


●トピックス


ディルク・ファンダィク  絶好調!!! “カンニバール・ジュニア”大活躍。 前回紹介したD.ファンダィク鳩舎の“カンニバール・ジュニア”が、2週間後のサルブリ1才鳩レースでも第1マークで参加、1,100羽中優勝、同2,687羽中最高分速。しかもその間の別のレースでもキェブラン若鳩1,361羽中優勝(第1マーク鳩)、ノワイヨン成鳩156羽中優勝(第1マーク)、ノワイヨン1才鳩251羽中優勝(第1マーク)と、まるで何かに取りつかれたような異常なほどの好成績である。

 

 IMG_0002newtri.jpg IMG_0001pedtri.jpg
     
                     (ド・ダイフ紙28号より) 

“カンニバール・ジュニア” B11-6240027 ディルク・ファンダィク作翔  11年6回入賞内ノワイヨン1,129羽中9位 12年8回入賞内シャトロー426羽中2位、モンリュソンP1,322羽中総合優勝

B08-6338800 B 
カンニバール・ランボーの3重近親
デン・イヴォ
B00-6367169
ドールダン719羽中優勝他、メルン613羽中優勝
有名なカンニバール
B95-6246005
96年KBDB中距離Nエース鳩第1位
ゲシェルプテ・アリダ・500
B99-6438500
G.ファンリール作
ブラウ・スーパーケ
B06-6210001
ゾーン・カンニバール B03-6086005
B00-6367114
デン・ブールジュの孫
B05-6453989 B 
カンニバール・ランボーの5重近親
B04-6095459 BCW B03-6086029 BC 
カンニバールの直仔×デン・ブールジュの娘
B99-6438082 B 
カンニバール弟ギガント直仔
B99-6438033 B
ドールダンアントワープ連盟優勝
ド・147 B97-6390147
カンニバールの直仔
レーザ,ファラ・ディバの祖父
B98-6523029 B 
基礎鳩ランボーの兄弟ゼーローヴァー×ラーチェの妹

 

  


                       

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/14486621
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)