2017年ベルジアンマスター委託ファイナル

 

8月29日7時30分放鳩 当日帰還2羽/参加7714羽

http://www.belgianmaster.com/en/race.asp

 放鳩地ツールから150q地点まで向かい風、帰還地のネヴェルは、日中の最高気温は36.5度まで上昇し、翌日はほぼ終日雨となり、若鳩には非常に厳しい展開となった。

 優勝はルク・バフォールト鳩B雌、20時9分44秒、ベルジアンマスターファイナルレース歴代最低分速で601.46m/m 2位は中国人鳩舎との共同名義でデスメイター=レスチアン作出鳩のBC雄、20時12分6秒、ヨースト、スーパー・ボルドー・66等完全な長距離血統であった。

 日没が近くなって、大半のギャラリーが帰還をあきらめて家路についた後に当日2羽のみ帰還し、夕暮れの中、どよめきと歓声が上がった。

 日本人トップ帰還は Onodera=Rik Hermans(小野寺憲夫=リック・ヘルマンス鳩)で26位、血統はフェルケルク父子の代表鳩オリンピック・ソランジェの全兄弟(バッシー”)の直子とのこと。”バッシー”の孫テオ”は今年のアジャン(ボルドー)IN約25,000羽で最高分速-総合優勝している。

https://www.deduif.be/nl/nieuws/belgian-master-finale-volg-de-live-verslaggeving

 https://www.deduif.be/nl/nieuws/belgian-master-2017-nieuwsbrief-12

 


 

 なお、今年で10回目を迎えたベルジアンマスターは、諸事情により2017年を最後に幕を閉じます。今までサポート頂いた皆様誠に有難うございました。主催者であるKBDBに代わってお礼を述べたいと思います。
 ※帰還鳩は、後日すべてインターネットにて競売にかけられます。ご興味ある方は是非ご参加下さい。
                                        CH商事 島村