第15回欧州レース速報

  

●ブールジュU(ベルギー)Nレース

R.デルブイエーレ(成)最高分速総合優勝
エルヴィン・スケップマン1才鳩優勝
M.&G.アイレッテン若鳩優勝

★ブールジュUN(ベルギー)45,865羽の迫力の放鳩シーンはこちら★

 

  https://www.youtube.com/watch?v=sj0cYTModBM NEW

  
https://www.facebook.com/100008157181246/posts/2453299018285314?s=100033663282259&sfns=mo NEW

 

  アンタンテ・ベルジ主催のブールジュNレースには、成鳩7,251羽、1才鳩10,309羽、若鳩28,305羽の合計45,865羽が参加した。そして去る8月3日土曜日午前9時30分、ブールジュ駅裏の放鳩地から放鳩が行われた。  この日の天候は、青空、陽光、無風、視界良好である。

 このレースで最高分速総合優勝となったのは、ベルギー中南部で、フランスと国境を接するソール・スル・サンブル(サンブル川沿いの)のヴーヴ村に住むロジェ・デブルイエーレ鳩舎であった。実距離379.992Kを14時47分過ぎに記録したもので、分速は1195.82メートルであった。優勝鳩は、B17-1067769 灰である。
 また若鳩の部で優勝したのは、ミッシェル&グンナー・アイレッテン鳩舎で、分速は1190.89メートルであった。1才鳩の部では、グラーツェンに住むエルヴィン・スケップマンが優勝した。
 この日の天候は、青空、陽光、無風、視界良好である。

 このレースで最高分速総合優勝となったのは、ベルギー中南部で、フランスと国境を接するソール・スル・サンブル(サンブル川沿いの)のヴーヴ村に住むロジェ・デブルイエーレ鳩舎であった。実距離379.992Kを14時47分過ぎに記録したもので、分速は1195.82メートルであった。優勝鳩は、B17-1067769 灰である。

 また若鳩の部で優勝したのは、ミッシェル&グンナー・アイレッテン鳩舎で、分速は1190.89メートルであった。1才鳩の部では、グラーツェンに住むエルヴィン・スケップマンが優勝した。

 

 

●成鳩の部 参加7,251羽
順 入 賞 者 名        距離      分速
1)ロジェ・デブルイエーレ    379.992  1195.8208
2)3)6)ボリス・ブルニアート  370.286  1169.2381
4)パトリック・フェルフローセム
5)ジュール&イヴ・エンゲルス

●その他上位の有名鳩舎 
20)F.&J.ファンデンヘーデ 22)クリス・ヘバーレヒツ 26)ファンホーヴェ=アィターホーヴェン


●1才鳩の部 参加10,309羽
順 入 賞 者 名        距離       分速
1)エルヴィン・スケップマン  464.669    1187.1467
2)12)デュプイ=アマスト   376.760    1179.0884
3)4)8)オリヴィエール・ポウザールト
5)キャニオン=ソブコヴィアク

●その他上位の有名鳩舎 
10)アンドレ・ロートホーフト 18)ジョス・トネー 20)マルセル・ヴォウタース 26)ギー・ファンデールオウエラ 31)ファンエルザッカー=イェプセン

 

●若鳩の部 参加28,305羽
順 入 賞 者 名         距離      分速
1)M.&G.アイレッテン      473.834  1190.8868
2)ロニー・メンテン         469.353   1187.7744
3)13)27)29)チーム・ホーイマンス・ベルギー(ヤン・ホーイマンス)
4)ロブレヒト・コサイン
5)リゴット・フォス

●その他上位の有名鳩舎 
7)ファンホーヴェ=アィターホーヴェン 8)サブリナ・ブルグマン 12)ダヴィー・トゥルネル

 


 

●ペルピニャン国際レース

ジョン・ドバーネ(ベ)総合優勝

 アンタンテ・ベルジ主催の今年度、ペルピニャン国際レースは、去る8月2日金曜日に予定されていたが、翌土曜日放鳩の方が、天候が良いだろうとの見通しで、順延となった。放鳩は、翌3日土曜日午前7時半に実施された。この日の天候も青空、陽光、無風で視界良好である。しかしフランス全体で逆風に見舞われた為、低分速の展開が予想された。
 今年の参加羽数は、以下の通りである。フランス3,542羽、オランダ4,274羽、ルクセンブルグ49羽、イギリス169羽、ドイツ807羽、ベルギー3,911羽で合計12,752羽である。
 このレースで最高分速総合優勝を飾ったのは、東フランドル州クネッセラーレに住むジョン・ドバーネ鳩舎の2才の雌"マジック・ペルピニャン" B17-4063632 DCであった。実距離950.038Kを翌日曜の朝5時41分過ぎに記録したもので、分速は1062.68メートルであった。

●ペルピニャンN3,911羽中総合優勝、同IN12,752羽中総合優勝鳩 
"マジック・ペルピニャン"

 → 2019年ペルピニャン国際総合優鳩血統.pdf NEW

●参加 12,752羽
順 入 賞 者 名         国   距離        分速
1)ジョン・ドバーネ         ベ   950.038  1061.49
2)P.&J.コーレ           フ  769.268   1041.64
3)ジャック・ファンデールメールシュ フ
4)15)ジャン=クロード・レニン    フ
5)ジョエル・レテツ
12)ベッカース=ヴィレムス      オ 959.670   998.81
73)クラウス・シューベルト        ド 987.686   921.49
※太字は各国N総合優勝者  ●

その他上位の有名鳩舎 
25)フランク・ツヴィールス 36)マルタ・ファンヘール 38)71)フェルヴェイ=ド・ハーン 57)85)ケース・ドローグ 70)Ko.ファンドンメレン 91)イェレ・イェレマ

 

 



●チュール(ベルギー)Nレース


ルク・タイトガート(1才)最高分速総合優勝

G.ファンデールスティッシェーレ成鳩で優勝 ジノ・クリケ上位独占

 テレビ局主催のチュールNレースには、成鳩6,206羽、1才鳩7,155羽の合計13,361羽が参加した。放鳩は8月3日土曜日午前8時に実施された。放鳩地の天候は青空、陽光、無風、視界良好である。このレースで最高分速総合優勝を飾ったのは、西フランドル州オーイゲムに住むルク・タイトガート鳩舎の1才鳩B18-3066722B♂で、実距離605.656Kを16時19分過ぎに記録したもので、分速は1213.01メートルであった。また成鳩の部で総合優勝したのは、ピッテムに住むゴッドフリート・ファンデールスティッシェーレ鳩舎であった。


●成鳩の部 参加6,206羽
順 入 賞 者 名            距離      分速
1)G.ファンデールスティッシェーレ 615.286  1204.5576
2)C.&A.スクール=ドヴァール   642.375   1199.5425
3)4)6)21)ジノ・クリケ
5)28)カザール・セネシャル

●その他上位の有名鳩舎 
8)10)11)12)24)25)クルト&ラフ・プラテウ  16)N.&F.ノルマン 19)マルク・ポラン 

●1才鳩の部 参加7,155羽
順 入 賞 者 名      距離  分速
1)ルク・タイトガート          605.656 1213.0507
2)4)10)11)13)14)ジノ・クリケ 594.991 1204.6187
3)マルク・デケテーレ
6)9)17)29)F.&J.ファンデンヘーデ

●その他上位の有名鳩舎 
7)クルト&ラフ・プラテウ 27)クルト&ラフ・プラテウ 28)ダヴィッド・フェルマッセン

 


 

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16157741
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)