ブールジュN放鳩

 

 ブールジュに着きました。世界遺産の大聖堂を見て、少し観光した後、ヴィルゾンに行き、オランダNの放鳩車を見ました。そしてもう到着しているであろうと、ブールジュの放鳩地に来ました。ここはブールジュ駅の裏の広大な駐車場です。ところが入口のゲートは閉じており、入ることが出来ません。

遠くに放鳩車の車列が9台まで見えます。(実際は10台だそうです。)

?ドライバーの1人と話しましたが、ゲートを開ける押しボタンの数字を知っているガイドが、既に行ってしまい、我々も入れないけれど、中の放鳩者達も出ることも出来ないのです。

 彼ら放鳩者兼ドライバーは、全て車で寝泊まりし、鳩の番をするので、出られなくても平気ですが、我々は中に入れません。 

 主催者であるアンタンテ・ベルジのフィリップ・ノルマン会長や息子のニコラス・ノルマンにも電話しましたが、全く通じません。

 本来ならフィリップは、放鳩地に来るはずなのですが、・・・・・

 放鳩地に来ながら、万が一放鳩を見られないかも知れない?????

 驚くべき事態です。   (8/2 吉原謙以知)

 


この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16157041
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)