第11回欧州レース速報

●サンバンサン国際レース

アド・フォルチュイン(オ)総合優勝
当日240羽帰還のフランス、ベルギーに逆転優勝


 アンタンテ・ベルジ主催の今年度サンバンサン国際レースは、7月13日土曜日午前7時15分に放鳩された。放鳩地の天候は、断続的な雲、北 北東の微風、視界良好である。しかし帰還途上のフランス国内は、全体的に北西の風で東側有利な展開となった。
 このレースに参加したのは、ベルギー2,950羽、フランス3,714羽、ドイツ947羽、オランダ2,710羽、イギリス247羽、ルクセンブルグ29羽の合計10,597羽である。
 レースは、放鳩当日フランスで230羽帰還したにもかかわらず、ベルギーは僅か10羽、他の国々は当日帰還無しで、しかもトップの帰還鳩が、比較的低分速であった為、翌日の逆転優勝は無しかとみられたが、やはり逆転優勝はオランダに流れた。
 このレースで、総合優勝を遂げたのは、オランダの西側ロッテルダムの南、ストレイエンに住むアド・フォルチュイン鳩舎の灰胡麻刺の雌、ウィレケNL17-1262043であった。この鳩は、実距離999.513Kを放鳩翌朝の御前5時27分過ぎに記録したもので、分速は1052.16メートルであった。
 このレースで、総合2位に入ったのは、オランダの最東端ヘールレンの鳩舎であることから、東西南北、いずれの地域にも公平なレース展開といえるかも知れない。


●参加 成鳩10,598羽
順 入 賞 者 名          国 距離      分速
1)アド・フォルチュイン        オ 999.513   1052.16
2)J.ハベッツ              オ  975.224    1040.79
3)ジャン・リュック・デュマ     フ  789.499   1040.32
4)ミッシェル・デュボア       フ
5)タンタール=ロジェ       フ
6)ヤンセン=オズール共同   オ
7)ノエル・ペイレン          ベ 892.811  1005.70
8)リシャール・ルプレター     フ
9)レゼンテル兄弟         フ
10)オリヴァー・ヴァネゲラント   フ
191)ラウワー父子         ド 905.531   902.19
226)マーク・ギルバート      イ 868.973   884.77
※太字は各国N総合優勝者


●その他上位の有名鳩舎 
13)エチエンヌ・メイルラーン 

 


 

 

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16149216
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)