第5回欧州レース速報(アルジャントンN、ポーIN他)

●モントーバン(ベルギー)Nレース

マルニクケ・ドヴィッテ総合優勝

 アンタンテ・ベルジ主催の今年度ベルギー、モントーバンNレースには、成鳩5,408羽が参加して、6月22日土曜日午前6時50分の放鳩で実施された。放鳩地の天候は、青空、無風、視界良好である。
ただこの日行われた3レースに共通して言えることだが、フランスの放鳩地は全て無風であるが、帰還地ベルギーでは、北東の風が吹いていて、西側フランドル地方有利な展開となった。その中で総合優勝を遂げたのは、東フランドル州マルデゲムに住むマルニケ・ドヴィッテ鳩舎の3才鳩であった。実距離801.297Kを夜19時51分過ぎに記録したもので、分速は1025.86メートルであった。


●参加 成鳩5,408羽
順 入 賞 者 名              距離       分速
マルニケ・ドヴィッテ            801.297    1025.86
ファンオーヴァーヴァーレ=ガブリエル766.977    1008.52
カルロス&クサヴィール・ファンデムルブルッケ
ユベール・ドバーネ
アントーン・ファンデベルヘ

●その他上位の有名鳩舎 
Lノルベール・アリー ヨス・ヨーセン デスメイター・レスチアン マルク&ゲラード・サンテンス ノルベール・シーレンス エチエンヌ・メイルラーン ニコラス&フィリップ・ノルマン

 



●ポー国際レース

バース&ベルク(オ)総合優勝
当日帰還無しのベルギー3羽帰還の英国に逆転優勝!

 コロンブ・ジョワイーズ主催の今年度ポー国際レースは、6月22日土曜日午前8時15分に放鳩された。放鳩地の天候は、青空、陽光、無風、視界良好である。また近年の傾向であるが、長距離鳩舎が、次第にナショナル・レースから国際レースに舞台を移動しており、その結果、ポーは、史上最多の参加羽数を集めることとなった。各国別の参加羽数は、以下の通りである。ベルギー2,767羽、オランダ3,781羽、イギリス512羽、ドイツ1,352羽、フランス3,668羽、ルクセンブルグ39羽で、合計12,119羽
 レースの帰還報告は、放鳩当日から始まった。勿論、放鳩地のあるフランスである。最初の帰還報告は、夜7時台から始まり、その後もフランス国内では続々と帰還報告があったが、いつまでもベルギーからの帰還報告は無かった。そんなかで、イギリスから夜10時台3羽の帰還報告が入り、或いはこれが国際総合優勝かと思われた。何故ならこの日行われた全てのレースが、西側有利でありながら、ベルギーでさえ当日帰還がなかったのである。
 ところが長距離王国オランダは、やはり強かった。アムステルダムの南10Kの村クワーケルで、何と午前6時前に帰還報告が入ったのである。ベルギーを飛び越える実距離なので、勿論これが国際総合優勝となった。実距離1064.152Kを午前5時48分18秒に記録し、分速は1138.98メートルであった。
 また今回は高気温の非常な難レースとなり、国際総合100位内に有名鳩舎が皆無という珍しい現象を生んだ。


●参加 成鳩6,898羽
順 入 賞 者 名        国   距離       分速
バース&ベルク共同       オ  1064.152  1138.18
M.フォンク             オ   1018.585   1103.08
J.メラールド            オ    994.872    1095.96
マーク・ギルバート        英  905.163   1087.96
ミッシェル・デュボア       仏  834.497   1068.33
ジャン・リュックフォウケ     仏
フレデリック・イアンニ      仏
マルティン・ドーゲ           ベ 917.282 1026.48
99)ディートマー&ツー・ヴォルフ ド 900.161  984.64

※太字は各国N総合優勝者

  

  


 

●アルジャントン(ベルギー)Nレース

 

ルク&ヒルデ・シウンN総合優勝、2位、3位!!!

M.&F.ドーント1才鳩総合優勝

 

 KBDB(王立鳩協会)主催のアルジャントンNレースは、6月22日土曜日午前7時半の放鳩で実施された。放鳩地の天候は、高曇り、無風、視界良好である。参加したのは、成鳩15,214羽、1才鳩22,731羽の合計37,941羽である。
 このレースで最高分速総合優勝を飾ったのは、エノー州フォアシャペルに住むミッシェル・アンリ鳩舎の成鳩 B16-1170447であった。実距離446.361Kを13時40分過ぎに記録したもので、分速は1204.81メートルであった。1才鳩の部で優勝したのは、東フランドル州エティクホーヴェに住むミッシェル&フィリップ・ドーント鳩舎であるが、このレースで最高の成績を示したのは、西フランドル州モールスベーケのルク&ヒルデ・シウン鳩舎である。彼らは何と成鳩の部で総合2、3、4位、1才鳩の部でも総合7位に入賞したのである。

 

【緊急続報!!!】アルジャントンの成績が変わります。95%の確率で、既報の総合優勝者が失格となり、ルク・シウンが総合優勝、2位、3位独占となりそうです。 その為に、ド・ダィフの発行も1日遅れます。 総合優勝、2位となりそうな鳩は、オリンピック・スペシャル17年版のポワチエN最高分速総合優勝“ウィレミナ”(B13-3138072B雌)の全姉妹で、総合3位になりそうなのは、オリンピック・スペシャル19年版に紹介されている“リハナ(B16-3103852B雌)自身です。だからどの3羽も凄い事です。

【速報A、6月27日20時】先ほど、ルク&ヒルデ・シウンのアルジャントンN総合優勝、2位、3位正式に決定しました。カッコ良すぎる!!!

※下は2014年ポワチエN最高分速総合優勝“ウィレミナ”B13-3138072 B雌

480 Sioen-Luc-Hilde_B13-3138072-Willemina1-1.jpg

 

“リハナ(B16-3103852B雌)※右下の鳩

 

OS2019-Soen-Luc-Hilde-001.jpg   

 
●成鳩の部 参加15,214羽
順 入 賞 者 名        距離       分速
@ABルク&ヒルデ・シウン 493.081    1172,23  
Dファミル3D

●その他上位の有名鳩舎 
A.&L.ファンデンプラス Kベニー・スティーフェニンク MQRF.&J.ファンデンヘーデ Nジノ・クリケ SH.フラーミンク ファンホーヴェ=アィターホーヴェン カザール=セネシャル

 

  

●1才鳩の部 参加22,731羽
順 入 賞 者 名      距離      分速
M.&F.ドーント        495.259  1177.27
セロ・アルキーズ       469.272  1172.40
KOF.&J.ファンデンヘーデ
RSリリアン・デメリー

 


●その他上位の有名鳩舎 
ファンホーヴェ=アィターホーヴェン ルク・シウン Qカザール=セネシャル ジノ・クリケ クルト&ラフ・プラテウ ノルベール・シーレンス ノルベール・アリー イワン&ウィリー・バーテンス

 


 

 

この記事へのトラックバックURL
http://www.blogdehp.net/tb/16140066
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
(当記事へのリンクを含まないトラックバックは受信されません。)